Recent Comments

    Archives

    Categories

    利息の計算方法と法律について

    消費者金融で安心してお金を借りる事が出来る様に、法律で保護されています。その法律とは、利息制限法と、出資法という2つの法律があります。利息制限法とは、消費者金融からお金を借りる際に払う、利息が高く設定されすぎない様にする法律です。利息制限法では、上限年2割とされておりそれ以上を超えた場合は支払う義務はなくなります。

    次に出資法とは、出資の受け入れ、預かり金及び金利等の取締りに関する法律、というそうです。不特定多数の人に対する元本保証の出資受け入れなどを禁止する内容です。この2つの法律に保護されながら、安心してお金を借りる事ができます。消費者金融への申し込み方法は、店頭や郵送、電話での申し込み、契約機などに加えて、最近ではインターネット上で申し込みから融資まで完結できる方法も主流になってきています。

    しかしながら、本人確認書類や、収入を確認できるような源泉徴収票などの書類が必要だったりする場合もあるので、申し込みの際は早めに準備をする事をオススメします。また、先ほど説明した通り、消費者金融からお金を借りる際、元金以外にも払う必要があるのが、利息です。

    利息はお金を借りている期間は払い続けなければいけないのですが、いったい利息はどれくらいになるのかが知りたい方のために、計算方法をご紹介します。利息は、利息 = 利用残高 × 実質年率 ÷ 365 × 利用日数という様に計算されています。年率などは会社によって違います。返す金額はやはり少ない方が良いので、消費者金融からお金を借りる際は色々と頭にいれてから申し込みをするようにしてください。

     

    申告された金利などが問題かどうか確認されている

    株式に関わる会社では、様々な数字を明示しています。もちろん利益率などもあるでしょう。基本的には透明性高く、色々な数字が明示される事になるのです。もちろんそれは、融資会社としても例外ではありません。そして融資を行う会社の場合、数字が明るみに出ているでしょう。公式サイトhttp://xn--4gqp28eyvmm8g5uc8ugpuk.com/で商品概要を確認してみると、たいてい金利が書かれています。

    なぜ明示されているかというと、金融庁に申告されたからです。そもそも金融庁という機関では、各会社に関する監督業務を行っています。問題無い数字で提供しているか否かを、客観的に判別している訳です。それで例えば貸付会社が、金利が30%と表示しているとします。そういった時は、やはり指導が入るでしょう。法定金利よりも、10%高いからです。

    もちろんそういった数字に関しては、金融庁に所属する有識者が随時チェックをしています。そういった兼ね合いがあって、株式に関わる会社としても、常に数字をチェックされている訳です。